遊びで借金!返済が苦しいなら匿名で無料の債務整理シミュレーション!

遊びで借金!返済が苦しい!
それなら匿名で無料の債務整理
シミュレーションをお試しください!


▼ここをクリック▼


街角相談所-法律-無料シュミレーター

遊びで借金!返済が苦しい!でも債務整理で減額できるかも!

文字が小さいときは
2本指で拡大して下さい。

借金で苦しんでいるあなたへ。

いつまで借金で苦しむのですか?
もう楽になりませんか。

本当にそんな金額の借金を
返済しないといけないのですか?

私たちは苦しみを減額する
お手伝いをさせてほしいのです。

▼ここをクリック▼

街角相談所-法律-無料シュミレーター

 

まずは匿名・無料でお試しください。

 

借金解決ツール使用手順!債務整理の改善方法を匿名で無料診断!

1.「無料診断を始める!」ボタンをクリック

2.出てきたフォームに現在の借入状況を入力。
ニックネーム可なので本名不要、住所不要。

3.相談内容をチェックボックスから選択、
住宅ローンの有無、
過去に完済した借金の有無も選択。

4.電話番号とメールアドレスを入力。

空欄には質問事項、相談内容、
都合の良い連絡時間、

電話かメールのどちらで
連絡して欲しいかを記入。

5.次へボタンをクリックすれば
自分にマッチした法律事務所が
表示されます。

6.利用規約に同意して次へボタンを
クリックすれば該当法律事務所に

連絡が行き、しばらくすると
回答があります。

※なお、法律事務所への申し込みは
絶対必要というわけではありません。

ただし、借金が2ヶ所以上ある人や、
住宅ローンがあったり

過去にローンを完済されている場合、
過払い金を返還してもらえる

可能性が高いですので、
相談するのが特にオススメです。

 

▼明るい将来のために!▼

街角相談所-法律-無料シュミレーター

遊び(ウィキペディアより)

人間の遊び

無邪気な遊び
シャボン玉を作って遊ぶ少女。このように、美意識や好奇心・探究心・想像力などといったものが楽しみの動機となっている遊びも多い。他にも例を挙げるなら、初めて磁石を手に入れた子供が身の周りのあらゆる物を「くっつくかどうか」確かめて回るのも、探究心が発露した遊びである。

知能で優劣を競う遊び/チェス。

一方的かも知れない遊び
最上段に示した名画『子供の遊戯』の一部分。これは髪を引っ張り合う遊びを描いたものと解釈されているが、1人の男の子が集中的に攻められている。作者以外の何人も状況の真相を知り得ないことを前提として、一つの思考実験をするならば、攻められている子がこの状況を遊びと感じていないと仮定した場合、一転して、この光景はいじめの一場面ということになる。
遊びは、それ自体が人間(社会にあるヒト)にとって楽しい自己充足的行為の典型であって、それゆえ古くから多くの遊び論が叙述されてきた[6]。なかでも、オランダの歴史家ヨハン・ホイジンガ(ハイツィンハ)とフランスの思想家ロジェ・カイヨワによる研究が古典的な論考として重要視される[6]。また、遊びはさまざまな面において「人間性」ないし「人間性の本質」と関連づけて扱われる傾向がみられる[7]。

ホイジンガは、人間を「ホモ・ルーデンス」(遊ぶひと、遊戯人)と呼び、遊び(ルードゥス)こそが他の動物と人間とを分かつものであり、政治、法律、宗教、学問、スポーツなど、人間の文化はすべて「遊びの精神」から生まれた、あるいは、あらゆる人間文化は遊びのなかにおいて、遊びとして発生し、展開してきたものであると主張した[6][7]。

他の高度な知能を有する動物に比べて、ヒトは特に遊びが多様化・複雑化しており、生物として成熟した後も遊びを多く行ない、生存にはまったく不要と思われるような行動も多く見受けられる。これを他の動物ないし生物との区別と捉える考えがある。遊びは大きな文化として確立しており、また商品の売り手にとっても市場を左右する要因としても重要である。個人の日常化した遊びを特に趣味と呼ばれる。訓練や学習など、他者から強要されることに苦痛がともなうこともある営みも、遊びのなかで習得していくことは楽しいとされ、それゆえ、これらに「遊び」の要素が取り入れられることがある。

ホイジンガは著書『ホモ・ルーデンス』[* 2]で、子供の遊びだけでなく、企業活動、議論、戦争、人間の活動のあらゆる局面に遊びのようなルールと開始と終わりのあるゲーム的性格が見られると指摘し、「人は遊ぶ存在である」と述べた[7]。フリードリッヒ・シラーも、「人は遊びの中で完全に人である」という有名な言葉を著書『人間の美的教育について』において残している。

「遊び」の特質
フランスのロジェ・カイヨワはホイジンガ『ホモ・ルーデンス』から大きな影響を受け、『遊びと人間』[* 3]を執筆した。彼は、遊びのすべてに通じる不変の性質として競争・運・模擬・眩暈を提示している[8]。また、カイヨワによれば、「遊び」とは以下のような諸特徴を有する行為である[6][8]。

自由意思にもとづいておこなわれる。
他の行為から空間的にも時間的にも隔離されている。
結果がどうなるか未確定である。
非生産的である。
ルールが存在する。
生活上どうしてもそれがなければならないとは考えられていない。
人はなぜ、どうしてもしなければならないわけでもない「非生産的なこと」をわざわざやるのかということに対する答えとしては、自身の有する技術的・知的・身体的・精神的能力を最大限に無駄遣いしたいためであるという説明がなされる[6]。そしてカイヨワは、これは人間が慢性的にエネルギー過剰の状態にあって、生存するのに必要不可欠な量を超えた過剰なエネルギーを発散する必要があるためであるとし、こうしたエネルギーの無駄遣いから遊びが生まれ、さらにそこから人間の文化が生まれてきたのだと唱えた[6][8]。

「遊び」の類型
カイヨワは『遊びと人間』のなかで、遊びを次の4つの要素に分類している[8][9]。

アゴン(競争) :運動や格闘技、子供のかけっこ、ほか。
アレア(偶然) :くじ(宝くじなど)、じゃんけん、サイコロ遊び、賭博(ルーレット・競馬など)、ほか。
ミミクリ(模倣) :演劇、絵画、カラオケ、物真似、積み木、ごっこ遊び(ままごとなど)、ほか。
イリンクス(めまい) :メリーゴーランド、ジェットコースター、ブランコ、スキー、ほか。
ほとんどのスポーツ、囲碁・将棋・チェスなどの勝負事、クイズなどの知的ゲームはアゴンに属し、ホイジンガは、学問や政治はアゴンの進化したものととらえる[9]。この4類型を複合させることも可能であり、たとえば、麻雀やトランプはアゴンとアレアがミックスされたものであるといえる[9]。

また、それぞれの類型においてルドゥスとパイディアという2つのモード(スタイル、様式)があり、前者は確然としたルール的制約の存在するものであり、後者はルールらしいルールがなく、あってもごく緩やかなものである[9]。同じアゴンであってもボクシングや柔道、レスリングはルドゥスに属するのに対し、ただの取っ組み合いはパイディアである[9]。

一面において、「遊び」は人生に不可欠の資質がベースとなっている[9]。アゴンは闘争本能、アレアは決断力や胆力、ミミクリは模倣本能、イリンクスは不快感にたえる忍耐力を必要とする[9]。したがって、「遊び」はこうした人生に不可欠な資質を無駄遣いしながら、それを鍛錬する場ともなっている[9]。

借金で返済が苦しいなら匿名で無料の債務整理シミュレーション!

借金で返済が苦しい!
それなら匿名で無料の債務整理
シミュレーションをお試しください!

▼ここをクリック▼

街角相談所-法律-無料シュミレーター